まとめたい。でもまとめられん。

にちゃんねるをまとめたい。人気モデルのポロリも見たい。稼げるようになりたい。

    • SEOブログパーツ


    4W5lEz7WQuDuA9P1397705730_1397705926
    マル秘情報 / 芸能情報 / お得情報 / 妄想おっさん

    iPhone/アンドロイド機種からのみご覧になれるページです。
    スマホサイトのご案内、比較サイトです。
    >>アダルトサイト徹底比較 18禁(スマートフォン用)<<
    bEbf6wWoBEoeABS1440387206_1440387323
    DMM独占タイトル配信中健康になるブログVRでグラビアを見るぶろぐ
    恋人気分が味わえる動画美少女になる方法AKB48になる方法

    1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 14:44:14.53 ID:???*.net
    人気コミックを実写化したドラマ『デスノート』(日本テレビ系)の第3話が19日に放送され、
    平均視聴率が8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。

    第1話は16.9%と今年の民放連続ドラマの初回最高を記録したが、第2話の12.3%に続いて連続で大幅ダウンした。

    そんな中、主人公を支えるアイドルの“ミサミサ”こと弥海砂(あまね・みさ)役で出演している
    グラビアアイドルの佐野ひなこ(20)に「視聴率急落の戦犯」との批判が巻き起こる事態が発生している。

    初回放送から話題になっていたのは、ストーリーや演出よりも「ミサミサ」の容姿だった。
    原作では華奢でスレンダーなミサミサだが、グラビアアイドルでもある佐野はそれとは逆に肉感的。
    さらに、顔がパンパンになっているように見えてしまったため、原作ファンからは「ミサミサじゃなくてブサブサ」という声が数多く噴出した。

    原作との比較だけでなく、2006年に公開された実写映画版『デスノート』でミサミサを演じた戸田恵梨香(26)と比べても大きく劣っていると評されている。
    この有難くない蔑称は流行語のようになり、ドラマでミサミサが画面に映るたびにネット上で
    「ブサブサ」が合唱される状況に。第3話の放送中にはTwitterのトレンドワード入りまで果たしてしまった。

    それどころか放送開始の時刻直前には「ブサブサ待機」「ブサブサを見に来た」「ブサブサが本編でドラマはオマケ」などという書き込みが目立つほどになっており、
    もはやドラマ自体よりも話題になってしまっている状況。このミスキャストが、シリアスに展開するはずだったドラマの雰囲気をブチ壊しにしてしまっていると酷評されているのだ。

    この状況は業界内の評判にも少なからず影響を与えている。関係者たちは初回のロケットスタートに気を良くしていたが、
    気付けば第3話で初回の半分程度の視聴率に。もしこのまま下がり続ければ「今期最高の話題作」から一転、大失敗作の烙印を押されかねない。
    その危機感によって早くも「戦犯探し」が行われているというのだ。

    だが今作は主人公の夜神月に窪田正孝(26)、ライバルのLに山崎賢人(20)という、大手事務所が力を入れている売り出し中の若手俳優を起用しており、
    どちらにも責任を押し付けるわけにはいかない。実際のところ、この二人に関してはそれほど批判もないのが実情だ。
    となると、ネット上で悪評が立ちまくっている佐野に矛先が向かうことになる。

    「業界内では、ヒロインが合わなさ過ぎてネット上で批判が集中したために、ドラマの評判が落ちてしまったという論調になりつつあります。
    『グラビアアイドル上がり』として色眼鏡で見られている佐野は戦犯にしやすいのでしょう」(芸能関係者)

    しかし、佐野ばかりに責任があるわけではないという至極もっともな意見もある。
    「佐野が批判されているのは事実ですが、視聴率低下の最大の要因は脚本や設定の問題。
    天才のはずの主人公を平凡なアイドルファンの大学生にしたり、ライバルのLが肉体派になっていったりといった謎の改変が原作ファンの不評を買った。

    それでも、どう実写化されているのか興味を持った多くの人々が視聴して初回は高い数字を叩き出しましたが、
    その視聴者をつなぎとめるだけの魅力ある内容が提示できなかった。大半の視聴者に『1、2回見れば十分』と判断されてしまったわけです」(前同)

    佐野はスケープゴートにされているに過ぎず、問題の本質は制作サイドにありそうだ。だが、佐野に対する風当たりが今後も強まっていくのは間違いなく、
    ネット上で「ブサブサ」という蔑称が定着すれば美貌がウリであるはずの彼女のイメージにも深刻な悪影響を及ぼしかねない。

    佐野の女優としての試金石になるかと思われた今作。
    しかし、今のところ「ブサブサ」の称号を得ただけにとどまっており、そのうえ戦犯扱いまでされれば踏んだり蹴ったりとなりそうだ。
    http://dailynewsonline.jp/article/992212/

    【ドラマ】人気コミックを連続ドラマ化した日本テレビ「デスノート」(日曜後10・30)第3話は8・7%!★2
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1437452357/

    【【ドラマ】 デスノート視聴率急落8・7%・・・制作サイドが批判 「佐野ひなこが戦犯だ」】の続きを読む

    1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/07/25(土) 22:01:30.56 ID:???*.net
    トム・クルーズが22歳の新恋人エミリー・トーマスにプロポーズ寸前だとスター誌が伝えている。
    同誌によれば、2012年にケイティ・ホームズと離婚して以来、結婚を考えるような相手はいなかったというトムは、アシスタントのエミリーには特別な感情を抱いているそうで、もう一度結婚する気になっているという。

    「トムはエミリーに夢中です。エミリーも同じ気持ちでいます。彼は彼女にプロポーズするのではないかと周囲は言っています」と関係者が同誌に話している。

    エミリーは『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の撮影でトムのアシスタントとして雇われたのがきっかけで2014年にトムと知り合い、
    「トムは彼女の働きぶりに感心し、今後はずっと自分のアシスタントを務めてほしいと言ったようです」と関係者も英紙デイリー・メイルに証言していた。
    2人は今年に入ってからも『Mena』で一緒に仕事をしている。

    昨年11月にはUS WEEKLYもトムが元妻のケイティ似の女性に恋をしていると伝え、「撮影所の人々はみんなトムが彼女に熱を上げていることを知っています」という関係者の談話を伝えていた。

    「トムは自分のシーンの撮影がある時以外は彼女のそばを離れません。彼女は細やかに彼の世話をします。アシスタントとしても、彼の全てのニーズを満たすことができます」と関係者は語っている。

    これまでのトムの結婚相手は女優ばかりだったが、今回は公私ともに入念に世話をしてくれるアシスタントの女性を得て、ゴールインも間近かもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000036-mvwalk-movi
    http://news.walkerplus.com/article/62240/347015_615.jpg

    【【映画】トム・クルーズ、22歳新恋人にプロポーズ寸前?】の続きを読む

    このページのトップヘ