第1位 成田山新勝寺 【千葉県】

約23万平方メートルの境内に多くの堂塔があちらこちらにあるため、じっくりと見ていたら丸1日かかります。
額に印を押してもらう新春不動明王御印紋は、学業成就のご利益もあると受験生にも人気があります。
受験生は必ず受けておきたいところ。
場所が空港に近いこともあり外国人の姿も多くみられます。
天慶3(940)年に寛朝大僧正によって開山され、御本尊は不動明王です。
また、光明堂の裏にある奥之院には大日如来が祀られています。
約300畳の広さを誇る大本堂から大塔へ進むと、眼下に成田山公園が広がり、3つの池の上流にある雄飛の滝はパワースポットとしても必見です。
成田山新勝寺の情報を確認

第2位 明治神宮 【東京都】

明治天皇と皇后の昭憲皇太后のご神霊をお祀りするために創建されたところです。
初詣者数は三が日で300万人以上であり、12月31日から1月1日は終夜お参りができます。
ご利益は皇室弥栄・世界平和・国家安泰・家内安全・社運隆昌・縁結び・厄除け・交通安全・合格成就など多岐にわたります。
国民からの献木約10万本により造成された代々木の杜は、都会のオアシスとして親しまれています。
また、「明治神宮ミュージアム」も見どころいっぱいです。
明治神宮の情報を確認

第3位 川崎大師 平間寺 【神奈川県】

古くから厄除けのお大師さまと親しまれ、厄除けをはじめ諸願成就の護摩祈願が毎日おこなわれています。
境内には、大本堂のほかに不動堂や薬師殿、八角五重塔、仏教の経典が納められている経蔵などがあります。
大本堂では、元日0:00から元朝大護摩供が修行され、1年の無病息災を祈願する大勢の人々が参拝します。
初詣の参拝者数は、全国でもトップクラスとなっています。
川崎大師平間寺の情報を確認

第4位 浅草寺 【東京都】

参道の仲見世には名物の雷おこしや人形焼きなどを売る店が軒を並べています。
江戸時代に建立された本堂などの伽藍は、東京大空襲でほとんどが焼失してしまいました。
急勾配の屋根が特徴的な本堂や五重塔などは戦後に再建されたものです。
実は大提灯で有名な雷門も昭和35(1960)年にあの松下幸之助氏の寄進によって再建されたものなのです。
毎年元日0:00に弁天山にある鐘楼で「除夜の鐘」が打たれ、それを合図に本堂外陣では詰め掛けた参拝者から大きな歓声が湧き上がります。
浅草寺の情報を確認

第5位 住吉大社 【大阪府】

摂津国(せっつのくに)一の宮として古くから信仰され、禊祓の神、海上安全の神として崇敬されてきました。
本殿の様式「住吉造」は、神社建築史上最古のものです。
第一本宮から第四本宮まで4棟からなり、本殿は文化7(1810)年に造営されたもので国宝に指定されています。
ご利益は、開運招福・商売繁昌・交通安全・厄除け・縁結び・安産の多岐にわたります。
年始には、元旦早朝に若水の儀、三が日は無形文化財「住吉踊」、1月4日に五穀豊穣を願う踏歌神事、7日には白馬を見て年中の邪気を祓うという白馬(あおうま)神事など、多くの行事が行われます。
住吉大社の情報を確認